収入証明書が不要でも即日融資可能・簡単申込

手持ちがなくて、軽いその場の立て替えだったり、将来の為の投資だったり、お世話になったお返しの助け合いだったり。
様々な場面で、額や規模の違いはあれど、そんなお金にまつわるシーンはありますよね。
確かに借りる側が借金の依頼をするには、勿論事前の葛藤は有ったはず、と想像は出来ます。
でも、あくまで私個人の意見ですが、「借金」の関係が始まると、その人間関係は少なからず変化すると思います。
長く付き合いたい人、大切にしたい人とは、決してそんなやり取りをしたくないものだと、私は思います。
反面、それくらい近しい人でなければ、そんなお願いも出来ないというのが事実なのも理解は出来ているのですが。
最初から「ごち」になるとわかっていることでさえも、完全におんぶするのが気持ちが悪い位ですから。
ただ、お金を貸すという事は、相手が故意かそうでないかは別として、却って来ない可能性もある、極端に言えば却ってこないもの!と仮定しなければいけないと思います。
気持ちよく、当たり前に却ってくる事が、幸いだったりラッキーだったりと思うようにし、依頼を受ける事にしています。
でも、ほとんどのケースにおいてきちんと返して貰ってはいますが。
お金を貸して欲しいという、その人の状況があるという事は、その人にとってたまたであれ、日常的であれ金銭的に余裕のない状況がある事実を受け止めた上で自分の出来る範囲のバックアップをするのだと冷静にかんがえて、行動することが、相手へのおもいやりでもあると思います。
「お金の切れ目が縁の切れ目」にならない様に冷静な判断と相互理解が必要だと思います。