収入証明書が不要でも即日融資可能・簡単申込

手持ちがなくて、軽いその場の立て替えだったり、将来の為の投資だったり、お世話になったお返しの助け合いだったり。
様々な場面で、額や規模の違いはあれど、そんなお金にまつわるシーンはありますよね。
確かに借りる側が借金の依頼をするには、勿論事前の葛藤は有ったはず、と想像は出来ます。
でも、あくまで私個人の意見ですが、「借金」の関係が始まると、その人間関係は少なからず変化すると思います。
長く付き合いたい人、大切にしたい人とは、決してそんなやり取りをしたくないものだと、私は思います。
反面、それくらい近しい人でなければ、そんなお願いも出来ないというのが事実なのも理解は出来ているのですが。
最初から「ごち」になるとわかっていることでさえも、完全におんぶするのが気持ちが悪い位ですから。
ただ、お金を貸すという事は、相手が故意かそうでないかは別として、却って来ない可能性もある、極端に言えば却ってこないもの!と仮定しなければいけないと思います。
気持ちよく、当たり前に却ってくる事が、幸いだったりラッキーだったりと思うようにし、依頼を受ける事にしています。
でも、ほとんどのケースにおいてきちんと返して貰ってはいますが。
お金を貸して欲しいという、その人の状況があるという事は、その人にとってたまたであれ、日常的であれ金銭的に余裕のない状況がある事実を受け止めた上で自分の出来る範囲のバックアップをするのだと冷静にかんがえて、行動することが、相手へのおもいやりでもあると思います。
「お金の切れ目が縁の切れ目」にならない様に冷静な判断と相互理解が必要だと思います。

 

ありがちな仕事先での金銭事情エピソード

"なにかとトラブルに発展しがちなお金の貸借関係。

私も騒動を起こした経験があるのでちょっとお話してみたいと思います。

 

私が20歳ごろのこと。仕事先の同僚たちと休日に遊びに出かけることになった時の話です。
よくあることかもしれませんが、仕事帰りにそのまま直行で旅行したりどこかに出かけていくこともあることでしょう。
そうして仕事とプライベートでわけずに行動をしていると困ったこともあります。
意外と出費がかさみ、手持ちのお金がなくなってしまうことです。
自宅にはお金が置いてあるのですがとりに行けず、キャッシュカードなども使えないようなところでは誰かに立て替えてもらうしかありません。
旅行先ではそれですんだのですが、帰りに渋滞に巻き込まれてしまい自宅に帰る時間も無くなってしまったのでそのまま仕事に出ることになったのです。
そうして困ることは手持ちのお金がゼロだということ。前もって同僚にお金を借りていけばよかったのですが、いろいろと立て込んで機会を失ってしまったのです。
時間がないものですから急いで仕事に取り掛かるのですが、やはり食事代や交通費などで問題が出てしまい身動きがとれなくなって途方に暮れてしまいました。
その時はカードローンや銀行のキャッシュカードを持ち歩いていなかったために自宅に帰宅してお金を持ってくるしかなく、仕事では迷惑をかけてしまうことになってしまいました。
会社と仕事先に謝罪をしに行くのでしたが、私と同僚たちとのプライベート関係から来た事情のために取り入ってもらえず、信用を失ってしまったのです。
もちろんお金は返したのですが、やはり付き合いはほどほどにしておかないと自分の首を絞めてしまうことも多いと認識をしました。"

キリギリス的な考えの夫

"夫とお金の価値観の違いで大ゲンカになりました。
夫の給料が急に下がることになり、貯金する余裕もなくなってしまいました。
生活費に余裕もなく、このままでは子供の教育費の貯金ができないのでどうすればいいいか、
できたらタバコやお酒を減らすように相談したところ、
お金がなければ貯金しなければいい、との返答だったので、
じゃあ子供が大学行くときの費用貯めれないじゃないと言ったら、

大学にいかなければいいと言われ、
根本的にわたしと考え方が違うなと感じました。
わたしは節約し、貯金もして、もし何かあれば不安なので、保険にも入りたいと考えているのですが、
夫はお金がないなら、貯金などしないで、今を楽しく生きていこう、先のことなどその時しかわからないという、ありとキリギリスなら
キリギリス的な発想だったのです。
いくら将来が不安だ、年金だってもらえるか分からない、空白の5年間は無収入でどう生きていくかと訴えたのですが、
先のことは考えたくないとのこと。
仕方ないので、わたしはいままだ子供が小さいので専業主婦なのですが、できれば子供の小さいうちは家庭でしっかり子育てしたいと考えていたのですが、
とりあえず貯金分はわたしが稼ぐことにしようと考えました。
夫の考えは変わらないので、このままわたしが貯金を頑張っていこうと思っています。"